フィンジア ドライヤーの使い方のコツは

フィンジアを使うとき、ドライヤーは使いますか?フィンジアはカプサイシン配合で頭皮を柔らかく仕上げ、薬用成分の浸透を促しますが、正直ドライヤーを余り使いたくないという人も居るのでは。

頭皮にドライヤーを当てすぎるのも、頭皮や毛髪の乾燥を招いて、ハリやコシを失わせてしまう原因にもなります。

フィンジアとドライヤーをうまく効果を引き出すようにして使う使い方はどんなものでしょうか。

 

実際、フィンジアの血流促進効果を感じている中でドライヤーを使うと、単純に熱いかもしれません。

ですが、基本的にはドライヤーは、「ドライにするため」にまず使いますよね。ですから、先にドライヤーでドライにしておけば問題ありません。逆に、あまりウエットな状態で育毛剤を使うのは、私は体感的にオススメしませんね。

やはり育毛剤は、頭皮にアプローチしたいものなので、髪が濡れている状態でふりかけ、マッサージをすると、フィンジアにかぎらず髪全体に「薄く伸びてしまう」気がします。

 

一番効果的にフィンジアを効かせるには、やはり髪はドライヤーでしっかりとドライをして。そして頭皮にだけつくように、大事に刷り込むのが効果的ではないかと思います。

ちなみに、髪が濡れた後に更にドライヤーでブロー、スタイリングをしても大丈夫です。髪にカプサイシンが付いても熱くはなりません。熱く感じるのは、頭皮の方なので、スタイリングしてOKではないでしょうか。

むしろ、余計な育毛剤残りをドライにして置いたほうが、毛穴が塞がらず髪の状態を悪くしないと私は体感しています。